第3回世界水フォーラムでの雨水利用の事業

参加団体

 雨水利用を進める全国市民の会
 京都・雨水利用をすすめる会
 関西雨水利用を進める市民の会
 香川雨水利用を進める会
 沖縄雨水利用を進める会
 雨水事業者の会
 雨水利用自治体担当者連絡会
 建築学会雨水循環グループ
 日本雨水資源化システム学会
 国際雨水資源化学会(IRCSA)
 世界水フォーラム市民ネットワーク

第3回世界水フォーラム分科会  
2003年3月20日  京都国際会議場

RAINWATER HARVESTING AND UTILIZATION SESSION

◆Session1. Rainwater for Domestic Use. Water & Sanitation , Health & Environment.
◆Session2. Rainwater for Agriculture Use. Poverty Alleviation & Productivity.
◆Session3. Rainwater for Urban Use. Water & Cities.
◆Session4. Gender, Education & Environment.

世界水フォーラム 雨水利用in京都 
3月21日〜22日 京エコロジーセンター

世界の水危機の切り札としての雨水
----グローバルネットワークを目指して---


◆エコロジーセンター総入場者数(センター発表) 1200 人
◆ポスターセッション      海外 11団体  22枚
         国内 17団体  38枚
         合計 28団体  60枚
◆21日
 パネルディスカッション  110人
          いかに地域で雨水利用を根づかせるか
 海外者の伏見エクスカーション 13人
 子どもワークショップ  34人
 懇親会  75人
 延べ人数                  232人
◆22日
 第1分科会 国際連携と協力  40人
 第2分科会 雨水の環境教育・学習  60人
 第3分科会 雨水利用のパイオニア  46人
 第4分科会 雨水利用を活かしたまちづくり 45人
 第5分科会 雨水学を語ろう  100人
 延べ人数                  291人
 2日間延べ人数               523人

水のえんin京都 
3月21日〜23日 みやこめっせ

第3回世界水フォーラム推進京都実行委員会 主催
◆ポスター展示参加

その他水フォーラム期間中の活動

◆15日(土)第3回世界水フォーラム市民前夜祭 京都市北文化会館 
   ポスター展示参加

◆18日(火)〜22日(土)第3回世界水フォーラム大阪委員会主催 大阪国際会議場
   「大阪水プラザ」・「水に関するワークショップ」 ポスター展示
  
◆19日(水)CEOパネル主催 分科会 大阪国際会議場 上田招待参加

◆23日(日)京都市消防局主催 京都会館 
  水が育む豊かなくらしと災害への備え「命の水」シンポジウム パネラー参加<

  

成果

1.ネットワークが広がった。
  1)海外を含めて、雨水利用のネットワークが広がった。
  2)水に関するNPOとのネットワークがPFW等を通じて広がった。
  3)京都市、京都府とのパートナーシップが拡大した。
2.雨水利用の知識、ノウハウが深まった。
3.雨水利用の環境教育について多くを得た。
  1)ソフトウエァとしての「雨水利用」の考え方。
  2)「UNESCO」が推賞した「雨水くんの冒険」を含む「WATER TOOLKIT」の作成。
  3)レインスティク
4.(株)島津製作所とのパートナーシップの深化。
  1) 「雨水くんの冒険」のすごろく化。えーこクラブ。
  2)環境教育へのパートナーシップ。
  3)企業での雨水利用とエコビジネスとしての事業化の可能性。
5.東本願寺とのパートナーシップの出発。
  1)雨水利用
  2)環境教育フィールドとしての東本願寺。
  3)防災

課題

1.雨水学の構築。理論化。
2.「WATER TOOLKIT」の運用。
3.雨水利用での環境教育の開発。
4.行政とのパートナーシップ、提案。環境と防災。河川。省エネルギー、温暖化防止。
5. 雨水利用のエコビジネスとしての事業化。
6. 東本願寺とのパートナーシップ。環境、防災、地域、環境教育。
7. 市民へ、雨水利用を広く啓発と普及。
8.家庭での雨水利用用途の開発。(トイレ、洗濯、風呂、飲料等)


NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る