雨水を洗濯機に利用して

 雨水タンクは、京都市の助成があることと、設置費用が手ごろなことから利用しました。タンクは台所の近くに設置したので、利用は花の水やり、土つき根野菜、靴、ゴミ箱、ほうき、などごみが出ないものを洗いました。しかし、タンクの水を十分利用できなかった。そこで、洗濯に雨水の利用を試してみると、タンクに溜まった水は完全に使い切れることがわかりました。しかし、バケツで運んだため、腰が痛くなりました。そのためポンプで洗濯場まで水がいけるようにしてもらい、今では、家族も使っています。
 うれしい効果は、雨水の方が水道水より落ちが良いことがわかり、洗濯粉の分量を減らしています。二層式洗濯機で6月から2ヶ月間で28杯分利用しました。また、雨の降る日が楽しくなってきました。何よりもよかったことは「雨水の会」に協力してもらって実現したことと、環境について学べたことです。

(山本 喜久子 記)
雨水くん

 「雨水くん」に(株)工進製の水中ポンプを取り付けて、洗濯場に配管し、洗濯場にて電源のスイッチを取り付けた。また、集水はドイツのWISY社のフィルターコレクターを取り付けて、汚れを除去しています。

(上田正幸 追記)

NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る