雨水活用セミナー

日時: 10月13日(土) 13:30〜16:30
場所:京エコロジーセンター 1階 シアター
参加者:24名(内スタッフが4名)

◆「洪水と雨水活用」
宮本博司 さん(淀川水系流域委員会 委員長)
・目先の「防災」を繰り返すのではなく、災害を「しのぐ」との発想に切り替えが必要。
・その一歩として家に雨水タンクを取り付けて楽しんでいる。

◆「保育園での雨水活用」中村かよ さん(陵ヶ岡保育園 園長)
・自然エネルギーなどで環境教育を行っている。
・雨水を入口に子どもたちに節約の気持ちが生まれている。

◆「ダムとまちのミニダム」
水野育成 さん(関西雨水市民の会 会長)
・山間のダムと同様の働きが、まちの雨水タンクにもある。都市の洪水対策になる。
・打ち水や透水性舗装でヒートアイランド対策に役立ちます。

◆「地球温暖化と雨水活用」
上田正幸(NPO法人 京都・雨水の会 理事長)
・水道水の製造や下水道システムにはエネルギーが使用されており、雨水の活用での節水等による省エネ。
・雨を切り口とした環境教育が温暖化防止への行動へ繋がる。


NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る