東本願寺のお堀探検

 東本願寺と環境を考える市民プロジェクトのメインイベントとして、「お堀」を環境問題(生物とごみ)や地域防災を考える「場」とし、「お堀探検」を毎年開催しています。
 今年も9月2日に下京ルネッサンス協賛事業として開催しました。
日時 9月2日(日)10:00〜15:00
場所 東本願寺およびその周辺

1.お堀の探検
 10時よりお堀の一部の水を抜き、生物の捕獲、ごみの採取、洗浄を行いました。
採取したごみは、阿弥陀堂門の橋の上に展示し観光客などにごみを捨てないよう、PR活動を行いました。
 採取した生き物も通行人に展示し、生き物の大切さを子供達に説明するなどの活動を行いました。

ごみの展示
ごみの展示

2.バケツリレー
 12時20分から参加者の皆さんにバケツリレーを体験してもらいました。
約100名の大人と子供が集まり、楽しそうにバケツリレーを行っていました。
 その後、下京区消防署の防火訓練が行われました。

防火訓練
防火訓練

3.生き物探検隊
 13時30分に生き物探検隊が出発しました。
約30名の参加者があり、お寺の境内の樹木、東本願寺の庭園の渉成園の生き物を観察して回りました。

生き物探検隊
生き物探検隊

以上の行事を16時頃無事終了しました。

(寄稿、写真提供 日本下水文化研究会
      関西支部 支部長 木村 淳弘 様)

NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る