「水は旅人」ゲームを実施

 今年8月6日、8月20日の両日、京エコロジーセンターで、すごろくゲーム「水は旅人」ゲームを5回にわたって実施しました。
 各回とも、エコロジーセンター館内放送でイベント実施を案内して頂きました。放送してしばらくすると子どもや親子が近くに寄ってきたので、「水は旅人」ゲームの進めかたを説明し、ゲームを開始しました。
 小さな幼児から小学生が、サイコロの眼の指示に従って、「海」「雲」「湖」などと書かれたパネルを巡りながら、地球上のどんなところに水が存在するのかを体験的に学習します。
 漢字が難しい幼児はお母さんや、アシスタントが付き添ってゲームを進めました。中には夏休みの宿題に使いたいという子どももいました。
参加者数は合計36人、スタッフは、大学生2人、エコサポーター2人と天野でした。
(「水の旅人」ゲームはWETプログラム「驚異の旅」を低学年用に部分改定した体験学習プログラムです。)

(天野光雄 記)
「水は旅人」ゲームの様子
すごろくを振って移動する
「水は旅人」ゲームの様子
自分の旅をお話しする

NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る