雨・水にまつわるエコツアー

〜雨を求めて古都を歩いた〜

 「雨・水にまつわるエコツアー」に初めて参加させて頂きました。カッパ研究会代表を務める鈴木康久氏のご案内で京都の街を散策します。
紅葉に色づく神泉苑を出発。鵺の池→佐々木酒造→梅雨の井→堀川→一条戻り橋→晴明神社と、水に縁がある場所を歩いて巡りました。
 平安時代より、祈雨の行事を司る場所として人々に大切にされていた神泉苑。お店の外から見学した佐々木酒造では、お酒の仕込み水として利用している地下水は、この付近にだけ池のように水が溜まっている「ちゅうすい宙水」であること等。水の専門家の説明を受けながら歩くなかで、場所毎に役割は違うが、先人達がいかに雨と水を大切にして、生活の中に取り入れていたかを感じることができました。
 現在では蛇口をひねるだけで簡単に水を手に入れられる生活になり、私自身その生活に慣れていました。今回のエコツアーで生命の源である水に対して興味が湧くきっかけとなり、有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。  

前田 聡さん 記

追記:11月21日(日)に当会が主催したツアーに参加された前田さんに、投稿をいただきました。参加者は当会から5名と一般が6名の合計11名でした。なお、当時の天皇の重要な仕事の1つに雨乞いがあるとのことでした。

上田正幸 記
パワースポット「晴明神社」での説明
パワースポット「晴明神社」での説明

NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る