龍安寺駅の園芸教室

 11月13日(土)に嵐電沿線協働緑化プロジェクト主催の、本年度2回目の園芸教室が龍安寺駅で行われました。参加者は、御室地域女性会が7名、嵐電から西田社長夫妻を含めて8名と雨水の会の上田が参加しました。
 まず、「ガーデンミュージアム比叡」のガーデナーさんからチューリップの植え方の講習があり、その後、約1500球のチューリップと180ポットのビオラを帷子ノ辻行きのプラットホームの花壇や、駅入り口のプランターに植え込みました。
 社長夫妻も女性会のみなさんと談笑しながら、植え込みをお手伝い。嵐電の施設係の力づよいスコップ使いもあって、2時間程でほぼ完成。最後に、2台の雨水タンクからとった雨水をかけて昼前に終了しました。
 この龍安寺駅の花壇・プランターには、竜安寺商店街のみなさんが、通常の水やりをおこなっていただいており、記録がされています。
 こうして、春には、またにぎやかで晴やかなチューリップ等が咲きます。観光客のシャッターの音も聞こえそうでした。

上田正幸 記
花壇への植え込みの様子
花壇への植え込みの様子

NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る