第3弾 雨・水にまつわるエコツアー

  雨を求めて古都を歩く! 貴船神社 

 6月2日(土)、鴨川の水源地の「水の神さま」がお祀りしてある貴船神社をご案内頂けるということではせ参じた次第です。NPO法人京都観光文化を考える会・都草の吉見誠一郎さんのご案内で合計15名の方の参加とのことでした。  

 日本野鳥の会京都支部では、鴨川の源流から桂川合流地点間を月に一度の割合で13回に分けて「リレー探鳥会」として実施、14年目になります。定例・鴨川リレー探鳥会は、会員だけでなく市民等、初心者を対象に実施しています。幸い鴨川では車いすや杖をついた高齢者でもバードウオッチングを楽しむことができます。そのような中、鴨川で河川整備を担う京都府、そして漁協の方々、また植物、昆虫、魚、そして野鳥を専門とする私たちが一同に出会える機会を設け、鴨川への思いや要望について地域の事情も踏まえ共に交流していきたいとの思いから活動を進めています。

 例年、5月には雲ヶ畑の源流を訊ね、志明院の座敷をお借りして、源流の水でお茶会を楽しんでいます。シャクナゲやミソサザイが私たちを歓迎してくれます。  今回、由緒ある貴船神社をご案内頂けたこと大変感謝しています。おかげさまで、次回以降の「リレー探鳥会」で貴船に来たときは、由来などを皆さんに話せるようになりました。

ありがとうございました。   日本野鳥の会京都支部 中村 桂子さん 寄稿

 

貴船神社が身近なものに  

 先日、貴船エコツアーに参加させてもらいました。叡山電車の出町柳駅集合、電車とシャトルバスで貴船につきました。

 歩き出すと、川の水滴と立ち並ぶ料理屋の川床が見えます。涼しそうな風景です。さらに進むと貴船神社の本宮と奥宮に着きます。あたりは相生の杉やつつみが岩があり、大地の「気」の生じる場所にふさわしい雰囲気を感じました。案内の吉見先生の話の中で、貴船神社の始まりは神武天皇の母の王依姫が黄船に乗って浪速から淀川に入り、賀茂川、鞍馬川を経て、貴船川をさかのぼり、当地に祠を建てたことに始まることを知りました。私は淀川の三川合流点の近くに住んでいることもあって、川を通して貴船とつながっていると感じ、寄り身近なものとなりました。天候もまずまずで楽しい一日となりました。         中曽根 尚さん 寄稿 

 

  貴船神社ホームページより

鴨川の水源地にあたり、古来、水の神様として崇敬を集めています。  水を司る神様。降雨、止雨を司り、降った雨を地中に蓄えて適量湧き出させる働きを司る神様。  水は万物の命の源であり、水がなければあらゆる生物は命を維持することができません。 片時もおろそかにすることができない大切な水を供給する水源の神さまです。  


NPO法人 京都・雨水の会
京都市山科区御陵封ジ山町3の52
E-mail mail@amamizu.org

このページのトップへ   トップページに戻る